富田真帆、仲村瑠璃亜など出演のジュニアライブを見に六本木に行きました。

5分遅れくらいで会場に入ると、ステージの上にtou touが…聞いてないよぉ(T_T)しかもトップかよぉ(涙 さらにまずいことに、撮影可だったりして。うちの新兵器にはまだ一番長くて135mmレンズしか用意されていないんだっちゅーの(T_T) 泣きながらX1.7テレコンをかまして撮影開始…3カットしか撮れなかったよぉ(爆

気を取り直してRURIYAの撮影を開始。最初のカットがベストカットだったことが後でわかりましたが、そんなことはわかんないのでただひたすら撮りまくる。RURIYAたん、なかなか良くなってるんじゃないでしょうか(^o^) 少なくとも私的には気にいりますた。

続いてMUHが登場。CDが売れないと解散させられてしまうと言うよくわかんない企画で誕生したプレユニットですね。結構、ココロに来る唄を歌いまくると言う卑怯な手段に、おじさんやられてしまいました(謎 やっぱ「タッチ」は名曲です。センターの子がなんとなく山崎裕子に似てる気がしてちょっと好きかも。

続いて今日のメインディッシュ、富田真帆ちゃん登場。えろかわいい…むちむち感がたまりません。四葉のクローバーという歌詞に「スマートブレイン?」とか反射的に思っちゃう私はダメ特ヲタ。ここで用意したCFが満杯になったのでいったん撮影を中止して退場。 続くセトサキ+ワタマユユニットは一枚も撮りませんでした(^o^;

データをPCに吐き出してから、続くパッシュを撮影。さかんにポンポンやサイリウムを振り回すパッシュヲタに邪魔されながらも、とりあえず問題なく撮りつづける。で、問題のパッシュ(今回初見)ですが…やりたいことがさっぱり見えない困ったチャン、というのがストレートな感想ですた(謎 あの衣装(フルポンの衣装を思い切り抽象化しておかしなベクトルで再構成したような)は、やっぱU-15限定でしょう。キミたちいったいいくつだね?とゆー。そして、何がちぐはぐと言って、みんなきちんと唄えるし踊れるんだわ。だったらもう少し売る方向性というモノがあるだろーがと言う。ショートの子はバンドのボーカルもやってると言うし、さもありなんと言う感じで、も少し本格的な方向性で売ったほうがいいんではないかいというのが率直な印象かも。

で、長谷川桃は?(爆